神の国の王子様、お姫様

「恐れることはない。あなたの父ヨナタンのために、わたしはあなたに忠実を尽くそう。祖父サウルの地所はすべて返す。あなたはいつもわたしの食卓で食事をするように」とダビデが言うと、 メフィボシェトは礼をして言った。「僕など何者でありましょうか。死んだ犬も同然のわたしを顧みてくださるとは。」 (サムエル記下9:7-8)

サムエル記下9章9章にメフィボシェトの話が出てきます。
彼はヨナタンの息子でした。
幼いときの事故で両足が不自由です。
ダビデは彼を王子のように扱い、一緒に食事をしました。


メフィボシェトは王子ではありません。
ダビデを殺そうとした前の王の子孫ですから、当時の習慣では虐げられて当然の存在です。
また障がいを抱えていました。聖書の中には足の不自由な人が物乞いとして登場する場面もあります。
それなのに王の食卓に招かれたのは、ただダビデとヨナタンの間に交わされた約束のゆえです。
 
これは私たちに対する神様からの取り扱いに似ています。
私たちはアダムの子孫。
生まれながらの罪人。
正しい人は誰もいない。
それなのに神は私たちを子とし、 食卓に招いています。
それはただ、イエスの血によって新しい契約が結ばれているからです。
 
つまり、私たちは神の国の王子様、お姫様です!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。